車を乗り替えの時、どうする査定?

修復歴と事故歴

修復歴と事故歴という言葉はよく聞くと思います。

 

この修復歴と事故歴の定義についてはわかりにくい部分が多いように思います。
たまに修理歴という言葉も目にするので調べてみましたが
検索結果は修復歴として出てきます。

 

なので、自分が理解する事も含めて書いていきたいと思います。

 

 

まずは、定義について記載します。
骨格にあたる部分(フレームやシャーシーなど車の強度を保つ部分)に影響を及ぼし
交換や修正をした経緯
があるものが修復車と呼ばれます。

 

例えば、事故をしてしまって骨格の部分に影響があると事故歴車になります。
その部分を修復すると修復歴車になります。
逆に、損傷が外側部だけで内側には影響が無い場合
例えば、フェンダーやドアといった外側の部分だけなら事故歴車になりませんし交換しても修復歴車にはなりません。
ただの交換であったり板金でしかないのです。
なぜならば、走行するうえで影響がないからです。

 

このように、事故車なのに事故車と言わなかったり
修復してるのに修復車と言わなかったり
中古車を販売買取していないと分からないことが多いのです。

 

このように、わかりにくい部分があるため購入した中古車が
実は事故車だったとか修復車だったという事が査定をした時にわかるという事もあるそうです。

 

そんな事にならないように中古車を購入するときは注意したいですね。

水没車と冠水車

水没車と冠水車、水という字が入ってるのですぐにわかりますね。
最近では、ゲリラ豪雨の事もあり水没や冠水という言葉がニュースなどでも出ているのでご存知でしょう。

 

 

では、車に話を戻していきますが
水没車や冠水車というのは、ちゃんと教えてくれていればよいですが
分からないように整備清掃されていてなかなか区別がつきにくいものです。
もしかすると、車やさんでも気づかない事があるかもしれないです。

 

そうなってしまうと、車は乗れればいいという人であれば全く気付かないでしょう。
なので、水没車と冠水車についてお話します。

 

 

水に浸かってしまったら、まず思いつくのが錆びる事です。
錆びてしまうと問題になるのが

  • 電気を通さない
  • 弱くなって強度が低下してしまう

このような事が起こりますよね。

 

 

では、まず電気を通さなくなってしまう事から考えます。
電気系統がダメになってしまうと、動かなくなってしまうのは想像できると思います。
最近の車の場合、コンピューターが多く積み込まれているので
それらが正常に動かないと、大きなトラブルが発生する可能性も考えられます。
大げさな話になるかもしれないですが、漏電から発火といった事もあり得るでしょう。

 

次に強度の低下についてお話します。
錆びる場所にもよってきますが
エンジン内部に錆ができているのであれば、エンジンの破損を招く可能性が高くなると思います。
フレームであれば、錆びている部分から折れてしまう事も考えられると思います。
さすがに折れるという事は、あまりないと思いますけど
曲がってしまう事は、あるかもしれないですね。

 

 

こういったトラブルを防ぐためのポイントを以下に記載します。

  • 変な臭いがするか芳香剤の香りが必要以上に強い
  • シートを固定しているボルトが錆びている

というのがわかりやすい部分ですが、絶対というわけではないので参考程度の予備知識として覚えておくと良いと思います。

 

さすがに、断定できるまで調べるとなると分解する必要が出てくるので難しいと思います。

 

 

 

↓↓買取でしたらこちらをどうぞ。
中古車査定に関してはこちら

 

事故車や不動車査定に関してはこちら