車を乗り替えの時、どうする査定?

逮捕されます、メーター巻き戻し

走行距離を、実際の距離より少なくしている車の事ですが
以前は走行距離の履歴が残っていませんでしたから、走行距離がどうなのかわかりませんでした。
そのため、走行距離を戻して販売している車屋さんも多かったようです。

 

車屋さんでも見分けにくいので、ほとんどの方は知らずに購入しているかもしれないですね。

 

ですが、詐欺ですからね
それを改善するために国土交通省は
乗用車は2004年に
軽乗用車は2009年に
最新の車検時の記録とその一つ前の車検時の記録を記載するよう変更しました。

 

記載されている内容は、走行距離旧走行距離の2つになります。

 

走行距離を確認する方法として、走行メーター管理システムというのもあります。
これは、オートオークションに出品されたときにデータが保存されます。

 

 

実際にこの2つの確認方法がありますが
見つける人は、見つけるんですね。
穴があることを・・・

 

車検証であれば

  • 車検を2回受けると旧走行距離が現在の走行距離になること
  • 履歴は車検証に記載のある内容のみの為確認できない

 

管理システムだと

  • オークションに出品されていなければ履歴が無いため確認できない

 

この事を利用して、走行距離の多い車を
少ない走行距離の車と偽って販売されていたわけです。

 

 

ですが、この問題を解決する為
車検証に最大走行距離が記載されるように変更されるようですので
走行距離の改ざんというのはさらに減っていくでしょうね。

見きわめ方

見きわめ方には、いろいろとあります。

 

ですが、車屋さんでも見抜くことが難しい場合もあるというのは事実です。

 

方法というのも

  • ペダルを見てみる
  • シートのへたり具合
  • ハンドル等のすり減り

といった事がありますが、絶対におかしいと言い切るには難しいです。

 

最近であれば、走行距離不明という車も見かけると思います。
メーター交換の記録ありというのもあります。

 

 

走行距離不明とは、メーターを交換しているなどの理由で何万キロ走っているかわからない場合です。

 

メーター交換の記録ありの場合はメンテナンス記録簿に記載され
ディーラーさんのハンコが押してある、きっちりとした証明です。
なので、メーターを交換していても不明とはなりません。

 

ですが、少なくなってきていますが
まだまだ、走行距離を偽って販売しているお店もあるわけです。

 

そういった場合は、購入するとき車屋さんに
走行距離不明ではないという証明書を書いてもらってください。
良い車屋さんであれば、快く書いてくれるはずです。

 

ですが、渋ったり書いてないという場合は怪しいかもしれないです。

 

この方法が、状態を見て判断するよりは誰でもできる確実な方法だと思います。

 

 

 

↓↓買取でしたらこちらをどうぞ。
中古車査定に関してはこちら

 

事故車や不動車査定に関してはこちら