車を乗り替えの時、どうする査定?

乗り替えのタイミング3年?5年?

車を乗り替えるタイミングは、3年か5年という事を聞いた事があるのではないでしょうか。

 

実際は、どっちが良いか調べてみましたので参考にしてみて下さい。

車の乗り替えや買い替えに最も適したタイミングというのは3年?または5年?

車の買取査定や下取り査定が大きく少なくなる使用年数としてよく挙げられるのが、購入してから3年もしくは5年だと聞く事が多いでしょう。
そう思った時、車の乗り替えや買い替えのタイミングというのは3年に達する前や、5年に達する前が望ましいような感じがするかもしれないですね。

 

最も下にあげたような状態だと特になかなか決められないかもしれませんね。

  • 買ってから3年も乗っていないのに10万km近く走行距離がある
  • 1年で1万km走るのが平均なのに、1年で2万kmより多く走行距離がある
  • 人気があって相場の価格も高く、今売れば下取り額が高い

 

乗りつぶすのが最も余分なお金を使わなくて済むのですが、3年や5年も乗っていると飽きてきますよね。
まさにその時、最も良い車の乗り替えタイミングとしては、3年や5年に達する前が良いと思いますか?
上記で述べたような特殊な場合なども加味して調べた内容をまとめてみました。

3年で乗り替える人が多いのか?

車の乗り換えのタイミングとして3年という年数を聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。
それもそのはず、よく見かける車専門の雑誌などで「車乗り替え3年サイクル」といった特集で紹介されている事がよくあるからです。
では実際に車を3年で乗り替えるのはどうなのでしょうか?

 

3年間で乗り替える、メリットやデメリットをお話していきます。

 

 

3年で乗り替えるメリット

車検費用が必要ない

車を3年で乗り替える一番のメリットは、やっぱり車検を受ける前に売却するという事でしょう。
これは中古車ではだめです。
それは新車を購入した場合に限り、通常ならば2年車検なのですが最初の購入時のみ3年目に最初の車検を受ける事になります。
このことが、車の雑誌などでも3年サイクルをおすすめする理由の一つなのです。
なので最初の車検を迎える前(2年目)で売ってしまえば車検代を払わなくてよくなります。

 

次々と新しい車に載る事ができるる

この事に関しては、新車を乗り替えて行く事で次々と新しい車に乗る事ができますよね。
なので飽きの来にくいカーライフを送る事が出来ます。
飽きやすい人や、次々と出てくる新しい車に興味がいってしまうという人でお金に余裕があるという方なら3年に達する前に乗り替えてみるのも良いかもしれませんね。

 

査定をした時に高額査定に期待できる

一般的に車の価値が下がってしまう大きな原因は、購入してから3年や5年だと言われています。
なので、3年も乗っていない車を売却するといくらかの高額査定に期待が持てます。
特にオークションで人気のある車種の場合はとても高額な査定額になる事もよくあります。

 

3年で乗り替えるデメリット

周りからあまり良く思われない事も

個人的な事なので他の人にどうこう言われるのはどうかと思いますが
車を3年も経たないうちに乗り替えていると、家族や周りの人からあまり良く思われないかもしれません。
当然お金を支払うのは本人で、本人が満足していれば良いと思いますが、周りから見るとイメージ的に良くないんでしょうね。
なので批判される事も多くなってしまうかもしれません。

 

乗り替えるたびに手続きが必要

3年で乗り替えるとローンが残っている事が多いかと思います。
そのような時、ローンの組み直しやローンを上乗せしたり、下取り査定額と相殺するなど、手続き多く面倒な場合が多くなると思います。
このように手続きを3年ごとにする事になれば、面倒くさがりの人にはは向いていないかもしれないですね。

 

予想以上に費用がかかっている

新車を購入した場合、最初の車検を通さずに売却する事ができるとお話しました。
この事から経費は必要ないように思えますよね。
ですが、実のところ購入の度に諸経費が引かれています。
なので目に見えない費用がかかっています。
また、いくら3年経つ前に手放したとして購入した時より価格が上がる事は間違いなくないですよね。
という事で、その分お金もかかってしまうわけです。

 

 

以上の事から、あまりおすすめですとは言えないですね。
もし、3年周期で乗り替えるのであればよく考えてみて下さい。

5年で乗り替える場合

3年で乗り替えるのは少し早いような気もしますし、もったいないですよね。

 

では、5年だとどうなのか見ていきたいと思います。

 

 

5年で乗り替えるメリット

新車で購入していれば特別保証の対象期間内

車を購入する時に、3年以内で6万km未満までのメーカーの保証が基本的には付いています。
これは、車のパーツにおきた不具合を期間内であれば無料で修理してくれるというものです。
これとは別にほとんどのメーカーで5年以内で10万km未満まで保証の条件が適用される特別保証というのもあります。
特別保証とは、通常のメーカー保証同様の条件が5年に延長されるというものなのです。
なので、常に5年以内に新車を乗り替える事で、この特別保証を受け続ける事ができます。
中古車だとどうしても不具合も多く、修理に費用が多くかかってしまう場合もあります。
ですが、新車を5年で乗り替える事によって特別保証を受ける事ができて安心ですよね。

 

車検を通すのは1回でよい

こちらも新車を購入した時に当てはまる事ですが、新車を購入してから最初の車検が購入から3年後というのは先ほど書いたとおりです。
その後2年ごとに車検を受ける必要があります。
なので、2回目の車検が必要になる購入5年目までに売却すると、もちろん2回目の車検費用がかかりません。
このような理由で、5年と言うタイミングで乗り替える人も多いようです。

買い取り額を少し多くできる可能性がある

車は購入してから3年や5年という時期を境に査定額が大幅に下がってしまうと言われています。
なので、大幅に価格が下がってしまう5年を過ぎてしまう前に乗り替えてしまうのです。
そうすると、若干高い査定額が期待出来るかもしれないです。

 

5年で乗り替えるデメリット

買取り相場が下がってしまっている可能性がある

一般的には市場であまり人気がない車だったとしても3年落ちであればまだ新車同然の扱いを受けるので需要があります。
ですが、5年落ちの場合は思った以上に査定額が大幅に下がってしまっている可能性もあるのです。
実は5年というのは車を売却する上で大幅に査定額が変わるポイントなのです。
それが原因となって思った以上に査定額が低い場合があります。
そのような場合は、買い取り一括査定をしてみて下さい。
そうすると、予想より良い金額を提示してくれるお店がある可能性もあります。

 

過走行車になってしまう可能性がある

一般的に車の走行距離は1年で1万km走るのが平均的だと言われています。
もし、1年で1万5千km〜2万km走っている場合は走りすぎていると判断されます。
そうなってしまうと5年で10万km近く走っている事になると考えられます。
なので査定額にも大きな影響が出てくる可能性が高いです。

 

 

以上が5年での乗り替えについての、メリットとデメリットです。
目安とされている平均の乗り替え年数が7〜8年と言われていますので
それから考えると少し早いかもしれないですね。
ですが、乗り替えるときの査定額を考えると5年で乗り替えるのが良いタイミングなのかもしれないですね。

3年と5年実際にはどっちがよいのか

最終的に思うのは、家計の事や個人的な思いもあると思うので
人それぞれだと思うという考えはあります。

 

ですが、客観的に見た答えを出すとすれば
5年で乗り替えるのが理想だと思います。

 

今回は新車という事でお話してきましたが、中古車と比べて安くはない事はご承知の通りだと思います。
それを、3年ごとに乗り替えていくと5年で乗り替えるよりも費用が大きくなると思います。

 

毎月使い切ることができないほどお金が残る方は問題ないでしょうが
毎月微々たる金額の貯金しかできないという方が多いとは思います。

 

私自身は、後者にあたります。
むしろ、かつかつです・・・

 

もしできるのであれば、ここで書いたように乗り替える事ができればと思ってます。

 

 

最後は少し内容が、ずれてしまいましたが
今後の、参考にしてみて下さい。

 

 

↓↓買取をお考えでしたらこちら
中古車専門買取店一覧