車を乗り替えの時、どうする査定?

車の種類一覧

車の種類も、いろいろとありますよね。

 

形状で分類されたり、駆動形式で分類されたりとしていますが
形状での分類が、いまいちわかりずらいと思う方も多いと思います。

 

例えば、ワゴン車の場合

  • ステーションワゴン
  • ミニバン
  • ワンボックス

などが、よく聞く種類だと思います。
急に言われると、どういう形状だったかあやふやではないですか?

 

このようにあやふやになっていたりする事も多いので、ここでまとめておきます。

 

 

車の種類記事一覧

形状による分類

セダンボンネット、キャビン(客室)、トランク(貨物室)の三区画で構成される車の事を言います。その中でもドアの枚数が4枚の車がほとんどです。その為車格が大きめになりやすく、高級なイメージや礼装感がある。構造上、客室から貨物室へは直接移動が出来ないタイプがほとんどです。各国で呼び方が違うが、セダンはアメ...

≫続きを読む

 

形状による分類(その他)

コンパクトカー車格を大雑把に表す為の呼び方。日本国内では軽自動車よりもサイズが大きく、全長がおよそ4.2m前後までの車を言いますす。だいたいが5ナンバー規定以下ですが、別の項目でお話したような用途なので多少の超過(全幅が1.7mを超える3ナンバー車)は含めてもよいです。アメリカではヨーロッパにおける...

≫続きを読む

 

駆動形式による分類

FF(フロントエンジン・フロントドライブ)車の前方に積んだエンジンから直結で前輪を動かす方式。軽い・安い・広いと3つの良い事が揃っているので乗用車では多いです。ですが前輪に負担がかかってしますし集中させなければ駆動力不足に陥ってしまうという問題を抱えている。そのためハイパワーに弱く、スポーツ走行には...

≫続きを読む

 

エンジンの置き方による分類

縦置き車体を正面から見た時に、エンジンから出力する回転軸が縦に向くように置く方式。車体全体のエンジンスペースが大きくなってしまいますが、エンジンの重量を車体の重心の中心近くに配置できるため回頭性、駆動系設計の柔軟性が高いです。しかし、巨大なエンジンを積んだ場合、衝突事故の時にドライバーを保護するクラ...

≫続きを読む

 

構造による分類

モノコック構造ボディ全体が薄い金属板でできていて、卵の殻のように全体で応力を分散して受け持たせる構造。タンボール箱を思い浮かべてもらえば分かりやすいと思います。フレーム構造のように下に土台を作らなくて構わないので床下を低くできて計量かつ衝突安全性にも優れる。けど、腐食や変形などに弱く、そういった状態...

≫続きを読む