車を乗り替えの時、どうする査定?

セダン

ボンネット、キャビン(客室)、トランク(貨物室)の三区画で構成される車の事を言います。
その中でもドアの枚数が4枚の車がほとんどです。
その為車格が大きめになりやすく、高級なイメージや礼装感がある。
構造上、客室から貨物室へは直接移動が出来ないタイプがほとんどです。
各国で呼び方が違うが、セダンはアメリカ読みです。その構造から3BOXカーとも言われますが、 一般的ではないです。

 

クーペ

固定屋根で2ドアで2人乗りの車を言いますが、スポーティな外観を持つという特徴が含まれます。
そういう事もあって、近年ではスポーツカー・テイストな4ドア4シーターセダンもこう呼ばれる事があります。
逆にレトロな外観だと2ドアセダンに含まれるモデルもあるため、どちらかというとスタイリングを重視した呼称。
なお、発音が違うだけで呼称は各国で統一されている。

 

オープンカー

屋根(ルーフ)を外したり開ける事が出来る車。
屋根側のフレームが無くなる構造上、強度が下がってしまうので必然的に2ドアクーペの形状をベースにする事が多く、それ以外のタイプが走っているのをあまり見かけないと思います。
尚、天井の一部が窓のように開くタイプがありますがサンルーフと言って、オープンカーには含まれないですし別になります。

 

ステーションワゴン

セダンのルーフをそのまま後まで伸ばし、貨物室と一体化させた2BOXカーの事を言います。
ベースがセダンなので、車体が大型(5ないし3ナンバー)で、ベンチシートであったり3列であるなど搭乗員数が多いのが特徴です。
そのため4ドア以上が主流です。
また後部座席横まで窓と柱が備わっている点もバンとの違いの1つです。

 

ピックアップトラック

アメリカでの車両分類の1つで、運転席から後ろが屋根の無い開放型の荷台になっているモデルの事を言います。基本的に客室は2ドア2シーター。
荷物さえ運べれば構わないので必要とされる走行性能はあまり高くないです。
なので開発費を浮かす目的で乗用車やSUVと車台を共有するのが一般的です。
フレーム構造が用いられます。

 

SUV

アメリカでの分類の1つで、スポーツ・ユーティリティ・ビークルの略。
用途における分類であってはっきりとした定義が無いため、アメリカで浸透している割に日本国内ではそれほどジャンルとして知られていないです。
あえていうならば車高が高くて頑丈な作りをしていて、タイヤが大きく比較的オフロードにも強く、ステーションワゴンのように後まで屋根がある車。
または、それらの特徴がいくつかあてはまる車。
少し雑かもしれないですけど「メーカーがSUVと言えばSUV」と言った方がいいかも知れないですね。

 

ミニバン

SUV同様に具体的な定義の条件は無いのですがが、1.5BOX(短ボンネット)ないし2BOXで天井が高くて客室が広い人を乗せる事を重視した車を言います。
3列目にシートがあるタイプがほとんどです。
ミニバンという名前ではあるが和製英語であり、貨物車ではなくて車格も制限がないため実際の単語の意味を成していないです。
大型なタイプになるとステーションワゴンとの区別があやふやになっていますが、あえて分離するのであれば天井が高ければミニバンとされやすいです。

 

ライトバン

ピックアップトラックの荷台に屋根を付け貨物室としたタイプで、ものによってはステーションワゴンと似たような形をしていますが成り立ちに違いがあります。
そのため貨物室の床は板金剥き出しであったりと少々簡単な作りのものが多く、折り畳み後部座席などがない場合は貨物室に窓も無い。
ライトの由来は貨物車の中で比較的に小型のタイプを言いますが、後部座席を折り畳むステーションワゴン型のバンというのもありますので、その辺りの区別はあやふやです。

 

ワンボックス

ボンネットやトランクなどが分かれておらず、運転席から荷台までが全て繋がっている車体構造を指す日本独自の呼び方です。
ハッチバックと同じく形状による言い方であり分類名ではないが、ステーションワゴン、ライトバンとの区別の為にあえてこの名称で呼ばれることがあります。

 

ハッチバック

最近多くなってきているファミリーカーの代表格。車席と貨物室が一体化し、開口部の広いハッチ(扉)をリアに持つ形状の車車です。
後部座席を折り畳む事で貨物室を広げる事が出来て車種も多いです。
ステーションワゴンやミニバンに採用される例が多くありますが、近年はセダンやクーペにも採用されています。
ちなみに、単にハッチバックとだけ言われる車はほとんどミニバンだと思ってもいいでしょう。