車を乗り替えの時、どうする査定?

縦置き

車体を正面から見た時に、エンジンから出力する回転軸が縦に向くように置く方式。
車体全体のエンジンスペースが大きくなってしまいますが、エンジンの重量を車体の重心の中心近くに配置できるため回頭性、駆動系設計の柔軟性が高いです。
しかし、巨大なエンジンを積んだ場合、衝突事故の時にドライバーを保護するクラッシャブルスペースを設けることが難しいので、大型の車に用いられる場合が多いです。

 

横置き

車体を正面から見た時に、エンジンから出力する回転軸が横に向くように置く方式。
FF駆動形式の車で用いる場合、急加速すると左右の車輪へと伝えるトルクが均等にならず、真っ直ぐ進まなくなる、トルクステアという現象が発生する。
エンジンスペース自体は小さくて済み、クラッシャブルスペースを設けることも簡単ではあるが、基本的にエンジンを車体の中心から見て前後車輪軸の外側に置く必要になることが多く
重量バランスが悪い。
特に前輪と後輪の距離(ホイールベース)が長くなるにつれ重量バランスの悪くなるため主に小型の車に用いられる。
この重量バランスの悪さを改善するためにエンジンを車体中心に向けて傾けて積んだり、エンジンの搭載位置を前後車軸側に積む(FFミッドシップ)こともある。
また、大きなエンジンを搭載するとスペースが少ないためフロントタイヤの切れ角が大きく取れなくなったり
足回りに割けるスペースが小さくなってしまうことが理由でサスペンションの性能を十分に取ることが出来なくなってしまう場合もある。